いわきプレステージカントリー倶楽部

いわきプレステージカントリー倶楽部からのお知らせです。

東京地裁判決を受けて

会員各位
先般、当社を原告 東京電力ホールディングスを被告とした損害賠償請求の裁判の一審判決が出ました。判決では当社の行った放射性指定廃棄物の作業の正当性が認められましたが、事故後ゴルフ場が全損し、それを修理修繕するには大幅な費用がかかることから、ゴルフ場の事故当時の価値差額を上限とし賠償が命じられました。また、指定廃棄物に関し10年程度ゴルフ場内に保管されるとし、その分の経費もほんの一部認められました。 ただし、現在も発生してるコース内の崩壊については因果関係がないなどし、がけ崩れ対策費は認められませんでした。よくわからない判決でした。土地に符合した芝生が汚染され剥いでしまっているので事故前のような排水環境かないのは明白なのですが。。。。。。
また、社員の慰謝料についてはホールボディカウンター検査で別段異常がないんだから慰謝料が生じるとまではいえないなど、本当に悲しい判決でした。
こうした判決を受け、当社では上級審に再度審理をお願いすべく控訴する考えです。
                                                                   管理人
スポンサーサイト
プロフィール

いわきプレステージカントリー倶楽部

Author:いわきプレステージカントリー倶楽部

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード