FC2ブログ

いわきプレステージカントリー倶楽部

いわきプレステージカントリー倶楽部からのお知らせです。

社員の裁判について簡潔に言うと!!こうなる

平成24年7月20日に経産省より「避難指示区域の見直しに伴う賠償基準の考え方について」という案内があった。
その4日後、7月24日、東電より「避難指示区域の見直しに伴う賠償の実施について(旧緊急時避難準備区域等)」という発表が続けてでてきた。
東電は、旧屋内避難区域および南相馬市の一部区域に住する人で、従前の勤め先が避難指示区域内または旧緊急時避難準備区域外の人に関しては、就労不能損害の賠償は平成24年5月31日分までの請求分で終了するというのだ。
しかも東電がこれを公表したのは7月24日。
ちなみに経産省の発表では「旧屋内退避区域及び南相馬市の一部については、避難継続者に対して2011年9月末まで精神的損害の賠償金が支払われていたことから、早期帰還者及び滞在者に対してもその間の精神的損害の賠償について遡って支払いを行う。また、家屋の賠償、営業損害等についても、旧緊急時避難準備区域の考え方に準じた扱いとする。」とある。
で、旧緊急時避難準備区域はというと「就労不能損害(勤務先が避難指示区域外の場合)については、2012年12月分まで継続するとともに、一括払いの選択肢を用意する。また、一括払いの算定期間中の追加的な収入については賠償金から控除しない。」とリリースされた。
確かに「いつまで賠償を続けるのか?」という問題はあるのかもしれないが、請求期間を2ヶ月近く過ぎてから「請求はすでに終了してます」とか言い出すのは、幾らなんでもそりゃないだろうと裁判になった。通常の感覚ならいくらなんでも事前に
通知するのが世の常ではないか・・・・と
                                                                     管理人

スポンサーサイト
プロフィール

いわきプレステージカントリー倶楽部

Author:いわきプレステージカントリー倶楽部

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード