いわきプレステージカントリー倶楽部

いわきプレステージカントリー倶楽部からのお知らせです。

休会会員の皆様へ

会員各位
 
 なかなか中間貯蔵施設の建設も目処が立たず、放射線指定廃棄物の芝は行くあてもなく場内に仮置きしております。
 再開についての時期はまだまだ遠いように感じます。
 

 さて、事故前より休会届を提出し年会費を免除されいる会員権について 必ず売却する際はゴルフ場までご連絡
 いただけませんと譲渡に関し様々な問題が出てきております。再度 ご確認の上 お取り計らいお願い申し上げます。
 
 なお、旧日本ゴルフ振興株式会社発行の証券に関し、古い(会社更生前)証券はすでに無効です。
 お持ちの方は会社更生法の終結宣言もだされており、くれぐれもお取り扱いには注意し、お電話で
 ご確認くださいますようお願い申し上げます。
 古い会員証書につきまして、お取引などでの事故等には弊社は一切関係ございません。
                                                         管理人
スポンサーサイト

原発ADRでこんな和解が!!

自主的避難等対象区域(いわき市)に居住し、いわき市のゴルフ場でキャディーとして働いていたが、原発事故後に解雇され、平成24年4月に勤務先に再雇用されたものの減収が生じた申立人について、同年6月から平成25年5月までの間の減収分につき就労不能損害が認められた事例(被申立人は、同減収は勤務先の経営判断によりキャディー付きプレーが廃止されたためであるとして、原発事故との相当因果関係は認められない旨主張。)。

                      和解の範囲
申立人と被申立人は、本件に関し、下記の損害項目(下記期間に限る。)について和解することとし、それ以外の点については、本和解の効力は及ばないことを相互に確認する。
                    和解契約書(全部和解)
原子力損害賠償紛争解決センター平成○○年(東)第○号事件(以下「本件」という。)につき、申立人X(以下「申立人」という。)と被申立人東京電力株式会社(以下「被申立人」という。)は、次のとおり和解する

(1)損害項目
就労不能損害
(2)期間
平成24年6月1日~平成25年5月31日
2 和解金額
被申立人は、前項の損害項目及び期間についての和解金として、申立人に対し、金695,888円の支払義務があることを認める。
3 支払方法
4 清算
申立人と被申立人は、第1項記載の損害項目(同項記載の期間に限る。)について、以下の点を相互に確認する。
ア 本和解に定めるもののほか、当事者間に何らの債権債務がない。
イ 本和解に定める金額に係る遅延損害金につき、申立人は被申立人に対して別途請求しない。
5 手続費用
本件に関する手続費用は、各自の負担とする。
本和解の成立を証するため、本和解契約書を2通作成し、申立人及び被申立人が署名(記名)・押印の上、申立人と被申立人がそれぞれ1通を保有するものとする。また、被申立人は、本和解契約書の写し1通を、原子力損害賠償紛争解決センターに交付する。
                                           平成26年1月6日
そりゃ減収分は保証しなきゃならんわな
                                                           管理人

福島県内の民間ゴルフ場の除染

ある西郷村のゴルフ場の除染がすでに終了しているとの連絡が封書で届きました。
除染計画の責任者であるいわき市はゴルフ場などの大規模事業所はできないと何度も回答してきております。
民家 特に子供がいる場所を優先的にするのは常識であり、なんら疑問もありません。
ですから、今後 ゴルフ場も特措法により除染されるのか否か よくわかりませんが手法は確率されているようです。
 
                                                          管理人
プロフィール

いわきプレステージカントリー倶楽部

Author:いわきプレステージカントリー倶楽部

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード